読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明けましておめでとうございます!&2015年のまとめ

 みなさまあけましておめでとうございます.

 今年も「藤沼康樹事務所(仮)」をどうぞよろしくお願いいたします.

 更新もできるだけ頑張っていきたいと思っています.

 

 さて,週一日大学の職員をしているために,業績まとめみたいなものを年に一度提出する必要があります.こうしてまとめてみますと,自分は著述業的な仕事をしているのだと思ったりします.なお,ひろいきれない,書評みたいなのもあるはずですが,だいたい大学のまとめの書式で作っています.

 大学では原著や報告が評価されますので,エッセイや解説的なものはすべて「その他」送りになりますが,思い入れのあるものは,結構エッセイや解説的なものが多いので,自分の志向とアカデミックな評価が合致しないこともよくわかります.

 今後,研究論文もすこしづつ書いていこうかと思っていますが,むしろ研究や学術論文の作法をとりいれた,役に立つ面白い書きものをしていきたいと思います.

 (このリストでは,今年実施した講演やWS等は省いてあります.)

 

原著

<2015年4~12月>

  1. Tominaga T, Matsushima M, Nagata T, Moriya A, Watanabe T, Nakano Y, Fujinuma Y : Psychological impact of lifestyle-related disease disclosure at general checkup: a prospective cohort study. BMC family practice, 16(1), 60, 2015

 

学会発表抄録

<2015年4~12月>

  1. 藤沼康樹:日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医認定試験の現状と課題, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 127, 2015
  2. 藤沼康樹:総合診療医のコンピテンシーに基づく生涯学習~学習ポートフォリオに挑戦!, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 168, 2015
  3. 渡邉隆将, 松島雅人, 藤沼康樹, 阿部佳子, 稲田美紀, 菅野哲也, 喜瀬守人, 今藤誠俊, 高橋 慶, 富永智一, 西村 真紀, 平山陽子, 増山由紀子, 村山慎一, 安来志保 : 研究中間報告第2報:EMPOWER-Japan Study (Elderly Mortality PatientsObserved Within the Existing Residence), 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 281, 2015
  4. 増山由紀子, 清田実穂, 喜瀬守人, 藤沼康樹 : 家庭医療後期研修における Case-based Discussion(CbD)導入の経験, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 359, 2015
  5. 田中公孝, 渡邉隆将. 藤沼康樹 : 家庭医療後期研修における e ポートフォリオの実 践報告, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 360, 2015
  6. 清田実穂, 増山由紀子, 喜瀬守人, 西村真紀, 藤沼康樹 : リーダーシップ・トレーニング・フェローシップ・ オンサイト(Leadership Training FellowshipOnsite:LTF-onsite)の試み, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 364, 2015
  7. 岡崎寛子, 小泉美都枝, 前里美和子, 河合由紀, 鈴木比有万, 鈴木佳奈子, 喜瀬守人, 藤沼康樹, 印牧義英, 中島康雄, 福田譲 : 乳癌検診受診率向上に向けて 家庭医との知識共有がもたらす可能性, 日本乳癌検診学会誌24(3), 506, 2015
  8. 大西 弘高, 藤沼 康樹, 高柳 亮 : 家庭医療専門医認定におけるポートフォリオ評価の信頼性, 医学教育46(Suppl), 176, 2015

 

報告書

なし

 

 

単行書

<2015年1~3月>

  1. 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  2. 藤沼康樹:Introduction:家庭医・家庭医療を学ぶ若き医療者のために, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  3. 藤沼康樹:Ⅱ-3 ケアの継続性, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  4. 藤沼康樹:Ⅱ-4 生物心理社会アプローチ, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  5. 藤沼康樹:Ⅱ-5 患者中心の医療の方法(Patient centered clinical method), 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  6. 藤沼康樹, 森永大輔:Ⅱ-6 家庭医療の枠組みとしてのThe Clinical Hand, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  7. 藤沼康樹:Ⅱ-10 複雑な臨床問題へのアプローチ, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  8. 藤沼康樹:Ⅷ-2 地域基盤型医学教育の実践-診療所でどう教えるか指導医からの疑問に答える, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015
  9. 藤沼康樹:Ⅷ-3 家庭医の生涯学習, 藤沼康樹(編集):新総合診療医学:家庭医療学編(第2版), カイ書林, 2015

<2015年4~12月>

  1. 藤沼康樹(編集) : 大都市の総合診療:ジェネラリスト教育コンソーシアム8, カイ書林, 2015

 

総説・短報・実践報告・資料・その他

<2015年1~3月>

  1. 酒井郁子, 大塚真理子, 藤沼康樹, 山田響子, 宮古紀宏 : IPEの達成とこれから 「地域で学ぶ」を中心に専門職連携コンピテンシーの確立 : 千葉大学亥鼻IPEの展開から, 看護教育56(2) , 112-115, 2015
  2. 藤沼康樹 : Dr.藤沼康樹のすべらない技, レジデントノート16(16). 2973-2980, 2015
  3. 藤沼康樹 : ブルーバックス 理系のためのクラウド知的生産術 メール処理から論文執筆まで(書評), 日本プライマリ・ケア連合学会誌38(2), 176-176, 2015

 

<2015年4~12月>

  1. 藤沼康樹:プライマリ・ケアにおけるマルチモビディティ(multimorbidity)の意味, 総合診療25(12), 13-16, 2015
  2. 藤沼康樹:超高齢社会におけるプライマリ-ケア医の心身医学的課題 認知症や経済問題などが絡む複雑困難事例への対応と臨床教育/臨床研究, 心身医学55(9), 1025-1033, 2015
  3. 藤沼康樹:研修医の育て方@診療所:ヤブ化しないための診療所教育, 治療97(8), 2015
  4. 藤沼康樹:日本の総合医療はどうあるべきか-新たな総合診療専門医制度の発足を迎えて 米国の家庭医療専門医制度から学ぶもの, カレントテラピー33(7), 713-717, 2015
  5. 岡山 雅信, 藤沼 康樹 : 日本の地域医療教育イノベーション, ジェネラリスト教育コンソーシアム7, 1-16, 2015
  6. 藤沼康樹:高齢者エマージェンシー-プライマリ・ケア医のためのスキルアップ大作戦 高齢者救急『困る前のその一手』 不要な救急受診&入院を防げるか?, 総合診療25(4), 380-384, 2015
  7. 藤沼康樹, 吉田伸 : 「家庭医」ってなんだ?, 週刊医学界新聞,第3153号, 2015年12月7日
  8. 藤沼康樹 : テイラー先生のクリニカル・パール1「診断にいたる道筋とその道標」(書評), 日本プライマリ・ケア連合学会誌38(3), 290-291, 2015
  9. 藤沼康樹 : 母乳育児支援スタンダード第2版(書評), 週刊医学界新聞, 第3150号 , 2015年11月16日

 

https://www.instagram.com/p/_xfDp0y-UY/

晴れました