読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urban Family Medicine@Japan構想中

 大都市の家庭医療や総合診療は、地方、僻地、離島などにおけるそれとはまた違った診療展開が必要なんですが、かならずしもそれらをターゲットにしたテキストはありません。まずはブレインストーミング的に目次項目を列挙したいところ。特にNon-medical issues中心に挙げてみました。売れないなあ・・・これは・・・

 

  • 東京・大阪における地域健康格差 

東京の東西問題を中心に、健康指標の大都市内部における格差に関する論考

 

  • 健康の社会的決定因子

健康の社会的決定因子に関する代表的なエビデンスの解説と、臨床の現場にどのように実装すべきかについて提案

 

  • 貧困と医療

健康の社会的決定因子としての貧困と医療現場でどう向き合うか。貧困が健康問題にあたえる影響と臨床現場における留意点の解説、無料低額診療制度の解説

 

  • 高所得者層の多い地域での総合診療 

高所得者層の多い地域において、プライマリ・ケア医として留意すべきポイント

 

  • 大都市の救急医療 

特に東京東部地域の一般病院における救急医療における問題点について解説

 

  • 大都市の外来における感染症の診かた 

STD、HIV、輸入感染症など大都市圏のプライマリ・ケア現場で見逃してはいけない感染症をとりあげて、その診断、マネージメントのポイント

 

DVを含めた暴力の問題、ひきこもりなど

 

  • 在日外国人の健康問題 

在日外国人の方がプライマリ・ケア外来を受診した場合、診療における留意点

 

  • ホームレス、無保険者の健康問題  

大都市圏におけるホームレスや無保険者の診療における留意点

 

  • 大都市部の地域包括ケアにおける総合診療医・家庭医の役割

高齢者数の爆発的増加にともなう都市部の地域包括ケアのあり方の提示と家庭医や総合診療医に期待される役割

 

  • 複雑困難事例へのアプローチ  

複雑困難事例への取り組み方、またその教育的意義や方略について解説してください

 

  • 大都市部における専門職連携(IPW)

大都市圏でもとめられるIPWのあり方

 

  • 大都市での総合診療医をどう育てるか 

大都市における総合診療教育のあり方について、地方、僻地、離島における教育との違った留意点

 

f:id:fujinumayasuki:20130504172244j:plain